大腸の内視鏡検査を受ける

健康診断で大腸の再検査をと言われた時には、内視鏡検査を受ける事があります。内視鏡検査と聞いただけでしり込みする人はたくさんいるでしょうが、カメラで直接大腸の中を見ることが出来ますので、病状をより正確に判断することが出来ます。便潜血や腹痛、便秘、血便などの症状で大腸ポリープの疑いや炎症性腸疾患、大腸がんなどは、より正確な診断をすることが出来るのです。内視鏡検査をする用具は直径1センチほどのカメラが先端についたチューブで長さ130センチほどあります。そのチューブを大腸の一番奥の小腸のつなぎ目まで挿入していきます。そのチューブを引き抜いて行きながらカメラで大腸の中をくまなく見ていきます。検査をしている医師は、リアルタイムで腸の状態が見ることができ、患者に患部を説明することもあります。また、検査をしている最中に、その場で処置が出来るような患部を見つけた時には、その場で切除して治療することや、患部の組織を切り取り、採取した患部を調べることもできるのです。

内視鏡検査を受けるためには、前の日から水分を多くとりなるべく消化のいい食事を心がけ遅くとも夜9時までには食事を終えておくことが大事です。翌日の検査のときには腸内がきれいになっていなければ内視鏡検査を受けることが出来ないのです。寝る前には下剤を服用し、翌朝は病院から処方されている検査薬を服用し、その上1.8リットルの水に溶かした検査前処置用の下剤を1時間から2時間かけて何回かに分けて飲むことになります。2時間ぐらいたつと便意もだんだんとおさまってきますが、最初のうちは何度もトイレに通うことになります。治まってくるころになると、腸の中も空っぽになっているのです。病院で最終の排便をチェックしてもらえば検査が可能になります。この後は、検査着に着替え検査を待つのみです。検査は緊張するので軽い鎮静剤を使い緊張を軽減します。検査用のベットに左脇を下にして横になり検査が始まります。検査自体の時間はそれほど長くはありません。腸に何も異常が見つからない場合には短時間で終わるのですが、患部を切り取ったり治療したりすることがあれば、時間が多少は長くなることがあります。検査が終わった後、何事もないようであれば、その日のうちに検査結果を聞くことが出来ます。

切り取った物があるときには、日を改めて検査結果を聞くことになるでしょう。大腸 内視鏡の検査を受ける事で腸の健康状態を確認するいい機会です。

Blog Home