大腸内視鏡検査の概要

大腸内視鏡検査は大腸内の悪性腫瘍が非常に多くなっている中で大切な度査になります。検査方法は別にもあるのですが、この検査がお薦めの理由は発見率が格段に高いからです。これは検査の種類によっては発見出来ない腫瘍があるからです。また発見されたとしても最終的には内視鏡検査で最終的な確定をしなければいけないので、最初から内視鏡のほうが時間もかからないのでいいです。あとは選ぶ病院がものすごく大切です。これは医者の技術で痛みが全く違うからです。専門医であればまず痛みを伴うことはありません。一説には一万件以上の経験を積んでいれば、安心出来るレベルになります。熟練度の違いで痛くてしょうがないから、少しくすぐったい程度の違いまであるので専門医に行為を行なってもらうことがものすごく大切になります。腸のなかに入れるときに痛みを感じない入れ方と痛みが出やすい入れ方があります。

経験を積んだ専門医は、挿入の仕方が痛みの少ない方法で出来るということです。また大腸の内視鏡では痛みが気になりますから、麻酔という方法が一般的です。しかしここでも経験の浅い医者が過度に痛みをとるために麻酔を使うのは危険といわれています。一番理想なのは経験を沢山残してきたベテラン医師が、患者が過度の緊張からの痛みを軽減するために浅い麻酔を少し使うというのが理想です。この場合本当は麻酔の必要がないくらいの技術がある医師が処置を行うのが理想です。大腸の内視鏡検査で発見出来るポリープや腫瘍は形を問いません。以前この検査が確率していなかったときは、腫瘍は隆起しているタイプであると思われてきましたが、平坦な形をした腫瘍もあることが内視鏡検査でわかるようになりました。また平坦な形をしたなかには早くから悪性腫瘍になるタイプがあることもわかりました。このことから検査をする場合は、カメラでの検査が最も効率的で安心感があります。また使っている器具が清潔であるかどうかは医者の腕がいいかどうかよりも重要です。せっかく検査にいっても不衛生な器具を使用したことにより別の病気に感染してしまったら何の意味もありません。消毒方法や使う消毒液の種類はいろいろあるようです。

消毒に関してはガイドラインがなかなか一定せずに器具に関する不具合が拭えませんでしたが、現在では一定のガイドラインが完成して安心感が高まっています。どんな消毒をしているか答えられない医者は、敬遠したほうがいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*